司法書士の仕事の内容って意外と知らない人が多い

街で良く見かける看板には、様々なものがあります。最も多くの人が見たことがあると答えるのは、おそらく「~~駅」などの「公共に関する施設」のものだと思いますが、その他にも「企業や商店」などの商業的な看板も多数目にする機会があります。日本全国で見れば、看板は星の数ほども存在しますが、これは言い換えれば「業種の数だけ」存在しているとも言うことが出来ます。世間には大変多くの業種が存在しているのです。

北海道の多重債務者対策

その中で、それこそ全国どの地域に行っても存在している業種・お仕事に、「司法書士」があります。あなたの地元の街並みを思い返して見て欲しいのですが、電柱やマンションの窓などに「~~司法書士事務所」という表記を見たことがないでしょうか?おそらく多くの人が、何らかの形で、自分の住む町にも司法書士の看板があるのに思い至るのではないでしょうか。それだけ司法書士という業種は、社会にとって必要とされているお仕事なのです。
しかし、この司法書士というお仕事の内容については、意外に知らない人が多いのが現状です。ここで少し、この業種の業務内容を見てみましょう。

司法書士 郡山

まず、司法書士の仕事の中でも大きなものは、「不動産登記」「商業登記」「簡易裁判所における代理・裁判事務」などが挙げられます。この中で、一般的に多くの人が一生に一度以上は関わると思われるのが「不動産登記」です。不動産は、登記簿と言われる公募に掲載することで権利を得ますが、司法書士はその登記手続きの代理を行うことが可能です。

任意後見コンサルタント協会 (ninikouken)さんはTwitterを使っています

他にも様々な仕事内容がありますが、ここで見たように、司法書士は私たち市民にとって「法的な手続きへの代理人・窓口」ともいうべき頼れる存在なのです。